今日と明日の間

ゴルフの石川遼くんに会いたい

僕はもうポルノグラフィティのファンではなくなったかもしれない

 ポルノグラフィティは僕が初めて好きになり、かれこれ18年間も好きでいるバンド。小学生の息子がある日「ポルノが好き」と公言した時、両親は何を思ったのかは今でも気になっている。

 

  1999年のデビュー時から大好きで、ファンクラブにも入っていた。僕はポルノなグラフィティが大好きだった。小学生のうちはレンタルしたCDをカセットテープやMDにダビングして聴いた。初めてお小遣いで買ったCDは、2002年に発売された「幸せについて本気出して考えてみた」。その直後に出た3rdアルバムの「雲をも掴む民」は狂ったように聴き込んで、歌詞カードがボロボロになっていたのをよく覚えている。

 

 それ以降はCDが出るたびに発売日前日にフラゲしていた。バイトしてお金を稼げるようになってからは過去のCDとDVDも全部買った。あの頃はHMVのポイントカードをゴールドカードにすることが最高のステータスだった。話は逸れるけど、HMVのカードがPontaカードに変わった時は怒りに震えた。

 

 そして、ライブにもよく行った。ファン歴に対して少ないかもしれないけど、10回は行っている。映像化されていない2009年の貴重な東京ドーム公演『東京ロマンスポルノ'09 〜愛と青春の日々〜』にだって行った。結構ちゃんとファンをしていたと自覚している。

 

 ちなみにポルノグラフィティのライブは女性ファンが圧倒的に多く、みんな「ポルノ!ポルノ!」と連呼する。ライブグッズのTシャツには胸にカタカナ三文字「ポルノ」と書かれたデザインのものもある。以前の僕は卑猥過ぎるそれを家族の前で恥ずかしげもなく着ていて、おばあちゃんにも見せつけていた。「それ何?」と聞かれたら「ポルノのTシャツ」と何のひねりもない頭のおかしい返答をしていた。そんなふうに家族の前に「ポルノ愛」をさらけ出していたあの時の僕は死んだみたいだ(ある意味よかった)。

 

・もうファンじゃないのかもしれない

 でも、僕はもうファンじゃなくて、ファンだった人なのかもしれない。正直にいえば、こうしてあらためて文字に起こすことがなければ、ライブでの楽しい体験も“過去”のことで、思い出すことなんてほとんどなかった。そんな気持ちに気づいてしまったのである。

 

 それまで集めていたCDやDVD、ファンクラブ会報誌などは2012年に引っ越しのタイミングで売るなり人にあげるなりで処分した。曲は全て配信で買っているけど、ライブ映像はDVDやブルーレイで見ることはなくなっていた。見たいと思う気持ちはある一方で、買ってまで見なくていいかという気持ちが上回ってしまっていた。

 

 CDの発売日も気にしなくなった。これを書いている2017年10月の時点でシングル45枚、アルバム10枚、ベストアルバム4枚、オールシングルベスト1枚が出ていて、それらは全部買っている。先に書いたとおり、その大半は発売と同時に買ったし、公式サイト(ツイッター)の情報もこまめにチェックしていた。だけど最近は「ああ、そういえば」とふと思い出した時に買うようになっていた。(ただ、2015年に出た10thアルバムの「RHINOCEROS」に関しては発売日に買って、めちゃめちゃ聴いた。過去最高のアルバムだとも思っている)

 

 最後に行ったライブは2012年に幕張であったカウントダウンライブ。こう考えると、2012年を境に明らかに意識が低下している。今では新しくツアーが始まっても「どうせ、行かないから」と気にすることすらなかった。

 

 それでも曲は好きだったし、新しいシングルを聴いた時には気分も高揚した。でもファンじゃなくなったかもしれないと決定的に感じたのは、最新シングルの「キング&クイーン/Montage」が発売された時。珍しく発売日にiTunesを開いたけれど、「今度でいいや」と一度ページを閉じてしまった。これまでこんなことはなかった。買いたいと思えなかった。ポルノグラフィティに出会って好きになった時、体内ではキャンプファイヤーのような炎がメラメラと燃え盛っていたのに、いつの間にかそれがろうそくに灯る小さな火のように変わっていて、この時ふっと消えてしまったような気がした。結局その3日後くらいに買ったのだけど、めっちゃほしかったかというとそうでもなかった。 

 

 曲は買っているのでライトなファンであることは間違いないのだけど、これまではそれなりの熱を持って応援してきたという自負はある。彼らが出ている数ページのためだけに音楽雑誌を買い集めていた時期もある。それなのに新曲が出ても興奮していない。

 

 いまは自分変化に驚いているところ。好きな人や物を嫌いになることはある。でもそこに明確な理由があるはずだから、10から一気にマイナス10になるような大きな変化でも驚くことはない。でも、明確な理由もないのにこれだけ長い間好きだったものへの関心が失われている事実にただただ驚いている。緩やかに、それでいて確実に気持ちに変化が訪れている。明確な理由は見つからない。これが一番の問題。何かに熱狂できなくなるというのはある種の衰えなのかもしれない。

 

 普段から習慣的に音楽を聴くことがないので、iTunesにはポルノグラフィティの曲しか入っていない。ライブラリを開くと出てくるのは彼らの曲のみ。だけど新しい薪をくべなかったら再び盛り上がることはない気がしている。何をどうすればいいのだろう。

 

 かんそうさんのポルノグラフィティに関する細かすぎる考察記事は大好きなので、これからも読み続けます。何かをきっかけに再び僕の中野ポルノグラフィティ愛が再燃することを期待して。さようなら

 

www.kansou-blog.jp

 

 

www.kansou-blog.jp

「モチベーション革命」を起こす時が来た! そして、僕らは口紅をメルカリする豊かさを知る

「乾けない世代」の必読書

 ロボットじゃない尾原和啓さんに会えた!

 

 尾原さんの新著「モチベーション革命」発売に備えて、僕が参加している「箕輪編集室」ではプロモーション会議を行いました。本も一足先に読ませていただきました。

 

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)
 

 

 

 

 僕のような平成生まれの世代は、生まれてこのかた「ないものがない」という時代を過ごしている。親や先生や、会社の上司と考え方や価値観に大きなズレを感じながら生きてきた。そんな「乾けない世代」の新しい教科書ともいえるのがこの本だと思います。平成元年生まれの「乾けない世代」ど真ん中の僕が言うので間違いないと言っておきます。あと、この「乾けない世代」っていう言葉が素敵すぎません? ゆとりとかさとりとか揶揄してきた人たち、聞いてますか?

 

 

 もはや実世界で「最近の若いもんは」みたいなテンプレートを使う人がいるのかどうかは知りませんが、上司と仕事に対する姿勢についてズレを感じている人は多いのではないでしょうか。この本では、なぜそのズレが起こるのかも的確に言語化してくれている。これは会議の時に言っていたことですが、尾原さん曰く乾けない世代と乾いている世代の境目はおおよそ37歳らしいです。

 

 

口紅をメルカリする豊かさって?

 

 僕がこの本で一番好きなのは部分は第4章「個人の働き方」に出てくる「使いかけの口紅をメルカリする豊かさ」というところ。

 

 

これを見ただけ、聞いただけでは一瞬戸惑う。もしこのブログを読んだ方がいたら、一旦ここで立ち止まってメルカリで「口紅」と検索してみてください。さーっとながめて「ふーん」となってからもう一度ここへ戻ってきてください。

 

 なぜ使いかけの口紅があんなにたくさん出品されているのか。なぜ使いかけのメルカリを売ることが豊かさなのか。

 

 例えばパーティー用に口紅を買った女性がいたとします。普段使いするには少し派手な色合いの口紅は、一度使ったきりで化粧品ポーチの奥に眠るだけになってしまうかもしれません。数千円もするのに、たった一度しか使えないのはもったいない。でも、口紅は実際に口をつけた部分さえ切ってしまえば他の人も使うことができます(生理的に無理というのは一旦置いておいて…)。これまでは眠っているだけの口紅も、中古品としてメルカリで売ることができるのです。

 

 どんどんイノベーションが起きて、これまでの常識がじゃんじゃん変わっていきます。多くの選択肢を得ることは僕らに豊かさを与えてくれるということ。尾原さんは「これは口紅のシェリングサービスと同じだと言える」としています。車にしろ、自転車にしろ、家にしろ、シェアがこれだけ定着した今の時代は口紅さえもシェアできてしまう時代になんですね。

 

 モチベーション革命、若い人にはもちろんだけど、自分の親世代なんかにも読んでほしい本です。今の若い人たちはこんなことを大事にしているのかという気づきがあると思う。それもまた豊かな世界につながる一歩だと思う。

 

 

 

「なめらかなお金がめぐる社会。」拝啓、家入さんへ

こんにちは。石川遼です。 

 

 家入一真@hbkr)さんの「なめらかなお金がめぐる社会。 あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ」を読みました。とてもやさしい言葉たちが紡がれていた素敵な本でした。感想をつらつらと書きますが、おそらく家入さん大好きですという内容になるかと思います。

 

・背中を押してくれる優しい本

 

 

 

 家入さんのこれまでのご活躍は、あらためて僕が説明するまでもないので、ここには書きません。この「なめらかなお金がめぐる社会。」はいろんな考え方の人に読んでほしい本です。今の自分の生き方に迷っている人も、そうでない人も。今の日本という社会に満足している人も、そうでない人も。だけど、今の自分に漠然とした不安や不満を持っている人。少し前の僕のような人間には特に刺さるんじゃないかなと思っている。

 

 家入さんは誰かに「こうでなくちゃいけない」と押し付けることはしていない。「小さな経済圏」を作ってそこからちいさくはじめようと、背中を押してくれている。優しく手を引いてくれている感じすらする。言葉のチョイスも本当に素敵です。

 

・居場所づくり

 

 キングコング西野亮廣さんや堀江貴文さんと同じように、家入さんも「信用」の大事さについて触れていて、第2章の「21世紀型の生き方と『小さな経済圏』の試み」では「信用力という新しい貨幣」という言葉を使っています。これは西野さんもしきりに言っていますよね。これからのスタンダードな考え方になっていくんだと感じさせます。フレンドファンディングアプリの「polca」がリリースされ、一気に広まったことから、このことを直に感じた人もたくさんいるでしょうね。

 

 

 また、家入さんはこの本の中で「居場所づくりは僕の個人的なミッションでもある」と書いています。僕はこの言葉が大好きです。大好きというか、さらっととんでもないことを言っている。僕も居場所づくりをしたいと思っていて、個人的にやりたいと思い描いているプロジェクト(まだそれほど具体的でも、壮大なものでもないのだけど)は、家入さんに思いっきり影響を受けている。

 

 これからの時代は肩書きに縛られることなく、様々なことに挑戦する人が成功していくのでしょう。家入さんが言うように、誰だって信用を得ることができれば、人からサポートを受けて挑戦できるということを「polca」というサービスが教えてくれた。だから僕も一歩踏み出せた。直接的にではないにしたって、僕は家入さんに背中を押された。少し前までの僕なら、箕輪編集室に入るのだって躊躇っていたと思う。

 

 小さな目標はたくさんある。その中の一つに、いつか家入さんと一緒に仕事をしてみたいというのが加わった。CAMPFIREの取り組みも、家入さんも大好きだ。だからまずは家入さんについてたくさん知ろうと思う。これは箕輪編集室に入って学んだことの一つだ。見城徹さんが五木寛之さんや石原慎太郎さんにそうしたように、箕輪さんが見城さんや堀江さんにそうしたように、好きだと思った人に本気でぶつかってみたい。そんな風に思ったのは生まれて初めてかもしれない。

 

 頑張ろう。明日、ハイパーニートの友達を招集して作戦会議します。

 

 

 

 

箕輪編集室へジョインしました

こんにちは。石川遼です。

 

 2日前にブログを開設して、早速更新。箕輪さんやLINEの田端さんなどインフルエンサーの方々にリツイートされて、初めての投稿なのに600以上くらいのアクセスがありました。

 

imnotgolf917.hatenablog.com

 

 そりゃあ有名ブロガーさんに比べたら雀の涙ですけど、一発目からいきなりそんなアクセスがあるとは思わずに、自分のことながらただただびっくりしておりました。あらためて読み返して思うこととすれば、脳汁って何なんですか?ってことですね。

 

 箕輪編集室メンバーの方々からもいいねやリツイートをいただきました。この場を借りて、感謝申し上げます。

 

箕輪編集室にジョイン

 

 そして、ブログ開設の翌日ですね。正式に箕輪編集室にジョインしました。

camp-fire.jp

 

 

 鉄は熱いうちに打てですね。あそこで「もうちょっと箕輪さんや箕輪編集室のことについて知ってから・・・」なんてしていたら、結局そのまま今まで通りだったと思います。この行動力があるかないかで、人生が変わるんだなと思いました。これは大げさではないと思います。気づけばクレジットカードを片手にPCの画面に向かってました。ああ、来月は大好物の焼き鳥を我慢しなければならぬ・・・。それでもいいか。

 

 とりあえずまだ手探りの状態ですが、しっかりと学びながら、前に進んでいこうと思っています。

 

 参加メンバーの方々はすごい経歴を持っている方ばかりだし、やりたいことや、やろうとしていることが明確に持っている人がたくさんいる。正直まだビクビクしながらという部分もあるのだけど、だからこそ飛び込む価値があるのだと思う。

 

 

 箕輪さんの「まじか!」はどんな意味なんだろう。笑

 

 同じ業界でやっている編集室メンバーの方からも連絡いただいて、早速つながりができましたし、兎にも角にもこれが第一歩ですね。僕の将来の目標はゴルファーの石川遼くんと一緒にコンテンツを作ることですけど、まずは箕輪編集室という場所でチャレンジしていきます。どうぞ、よろしくお願いいたします。 

 

箕輪編集室についてツイートしたら、脳汁が止まらなくなった話

 石川遼です。はじめまして。こんにちは。

 鉄は熱いうちに打った方がいいらしいので、備忘録的に書き留めておく。noteも始めたいので、ブログとの差別化はおいおい考えておきます。

箕輪康介さんから返信が届く

 これまでSNSをそんなに積極的に運用してなかったんですけど、5日あたり前からちょっと気持ちを入れ替えました。きっかけは話題のpolcaでした。あ、これ使ってみたいっていうのがまずあって、polcaにまつわるブログやらTwitterを読み漁っていくうちに、『あ、このままだと取り残される』って思ったんです。突然そんな思いが脳みそにダイレクトに打ち込まれた感じです。

 

 僕は前から堀江貴文さんだったり、キングコング西野亮廣さんの考え方やプロジェクトが好きでした。最近、特に熱心になって情報を追っかけていたので、この激動の時代に取り残されたくないという気持ちが溜まりに溜まって、polcaの一件で堤防が決壊した感じでした。ドバドバと決壊していて、焦りも感じていました。

 

 これまで使っていたTwitterアカウントはプライベートで追っかけている方々のフォローが増え過ぎていたので、新しいアカウント(@RyoIshikaw_a)も取りました。それまでツイッターでつながっている人なんてほぼいなくて、見てるだけっている受身の姿勢だったので、人間関係も一から作っていこうと思いました。

 

 そんでもって、人間関係もろくに構築できてない新しいTwitterアカウントの場ですごく自分本意なpolcaのプロジェクトを公開してみたものの当然ながら支援は集まってません。この辺の自分のセンスの無さも実感しながら、「これが現実だ」と受け止めながら進んでいこうと思います。あまりくよくよ悩むようタイプではないので、まずは一人支援が来たら胴上げです。よかったら見てください。

 

 それはいいとして。

 Twitterを通じて堀江さんの「多動力」や見城徹さんの「たった一人の熱狂」を手掛けた編集者の箕輪厚介さん(@minowanowa)によるコミュニティ「箕輪編集室」というものの存在を恥ずかしながら初めて知りました。

 

camp-fire.jp

 

 箕輪さんの存在は知っていましたが、なぜかこのコミュニティについては知りませんでした。非常に興味深かったので、まずはこの箕輪編集室が編集を手がけた「嫌われ者たちのリレー指揮コンテンツ会議」は即刻買って、即刻読んでみた。 

 

嫌われ者たちのリレー式コンテンツ会議

嫌われ者たちのリレー式コンテンツ会議

 

 

そして、この本に関してツイートしてたら、

 

  

 

 

箕輪さんからリプライが届いた。びっくりした。

 

 人と人とって簡単に繋がれるんだなっていうのを実感。森孝徳(@morikawara10)さんからもリツイートしていただいたりと、ちゃんと行動に移せば色んな人に見ていただけるんだというのがわかりました。当たり前のことなんですけどね。

 

 それからもどんどん情報を追っていきました。箕輪編集室のnoteにもずばずば刺さる言葉がたくさん。

 

note.mu

 

 もう止まらないんだけど、あれか、脳汁が出るっていうのはこういうことなのか。違うとしても、突き動かされるっているのはこういうことかという感じで、いまキーボードを叩いている。これが衝動というやつですか。そもそもブログを書くという発想すらなかったのに、こうして書いてるわけだから。ああ。ああですよもう。